出会い系のトラブルについて、ご存知の方も多いと思いますが1つの社会現象となっています。

トラブルが怖くて出会い系に足を踏み入れられない人も多いと思います。

対処の方法を間違わなければ、実際には大した事にはならないものがほとんどです。

しかし、無知の為に通告のあった業者に電話をかけて電話番号をわざわざ教えたり、知らさなければわからない個人情報を教えたりした場合に被害に会う事になります。

基本は支払い通知や通告は無視すれば後は音沙汰もなく何も心配する必要はありません。

裁判所からの出頭命令だけは無視できませんので注意下さい。

ワンクリック詐欺

ワンクリック詐欺とは『他サイトからのリンク、入場ボタンや認証ボタン、又はページ移動など無意識にクリックするだけで、有料コンテンツに入会・利用させられ高額な料金等を請求する詐欺』のことです。

これは、あくまで法律違反なので、ワンクリック詐欺に引っかかったとしても慌てる必要はありません。

ワンクリックした状態だけでは個人情報を特定できるものは1つもなく、安心して構いません。

むしろ、心配になってメールや電話で連絡する人を狙った詐欺といっていいでしょう。

対処方法としては放っておくことです。

ツークリック詐欺

ワンクリックではなく、最初のクリックで確認や同意のポップアップダイアログなどで確認を取った上で次のクリックでを促し、有料コンテンツに入会・利用させられ料金を請求する詐欺』のことです。

これは、ワンクリック詐欺を対策の電子消費者契約法に基づいた請求の形となっています。

クリックの前には必ず表示されている内容を確認することを心がけましょう。

これも、個人情報を入力する、もしくは通知する前では個人情報を特定できるものは何もない為心配する必要はありません。

ワンクリック、ツークリックにかかわらず、違法かどうかは法律によって定められています。

違法な請求は支払う必要はありませんが、合法となる場合は支払い義務が発生してしまいます。

出会い系関連の法律は、しっかりと勉強して騙されないようにしましょう。

フィッシング詐欺

フィッシング詐欺とは、実際に存在する会社や業者のサイトを偽装し個人情報を入力させクレジットカードの情報や個人情報を盗まれる詐欺です。

釣りの”fishingではなく、”Phishing”です。

洗練されている(sophisticated)というのが語源のようです。

手口は、実際に存在するカード会社や出会い系サイトやショッピングサイトを装ったメールがまず届きます。

そのメールの中には、『登録情報を更新して下さい』や『未払い金があるので確認して下さい』などなど様々で、そのサイトに行くとカードの情報や個人情報を入力するようになっています。
(サイトの見た目も似せてる所もあるので要注意!!)

実際に入力してしまうと、勝手にカードが使用されたりしてしまいます。

フィッシング詐欺のメールにあるリンクは偽装されてます。

同様にメールの送信者のアドレスについても同様に偽装されています。

フィッシング詐欺かなっと思ったら、まずメールのプロパティを見て本当の送信者のアドレスを確認するようにしましょう。

サイトの方は、アドレスバーのURLをしっかり確認することにより回避できます。

カード情報や、個人情報を聞き出そうとしている場合は『フィッシング詐欺』の可能性があるので、怪しい場合には実際の会社やサイトに問合せる事が一番です。