出会い系サイトでのトラブルで多いとされる架空請求と少額訴訟についてまとめています。

架空請求

出会い系のトラブルの被害において、架空請求というものがあります。

これはハガキや電話やメール等で実際には利用したこと無い出会い系の利用料や、その利用費用の延滞金を請求してくる事です。

なぜ請求されるのかという問題については、架空請求を行う業者が顧客リストの流出やこの業界でのメールアドレスなどの売買等により行われているものが主となっています。

実際には、出会い系の女性利用者を装ったメールアドレス収集の業者も沢山潜んでいます。

その他の場合にはメールにて架空請求を行うのが通常ですが、プロバイダ名やパソコンのIPアドレスのみでは個人は特定できませんメールによる架空請求の場合はほっておくのが一番です。

間違えても家や携帯電話からなど問い合わせはしないようにしましょう。

個人が特定され請求は一層ひどくなることでしょう。

また、その電話番号等の個人情報が転売されてしまいます。

小額訴訟

小額訴訟とは、出会い系業者がでっち上げた架空請求なのに裁判所を通して利用料金等を請求してくるというものです。

小額訴訟とは、法律的には60万以下の金額の支払いを求めるもので、小額訴訟の場合は一回の裁判で判決が出てしまい出頭しない場合は一発負けです。

控訴が禁止されているから、1度判決が出ると覆ることはありません。

流れとしては、裁判所から被告に『口答弁論期日呼出及び答弁書催告状』が送られてきます。

この時、裁判所に出頭しないと自動的に裁判に負けたことになり、請求金額を支払いの義務を負う事になります。

どんなに身に覚えが無い場合でも、小額訴訟の場合だけは必ず対処しましょう。

裁判所の場所が遠いとかの場合には、近くの裁判所に変更するように申し入れることもできます。